今や虫歯を治療するのは難しいことではないのかもしれません。あなたの虫歯も歯科医院によって虫歯菌除去してしまおう!

インプラントと入れ歯のメリットやデメリット

歯を失うと見た目が悪くなるだけでなく、他の歯や身体にも悪い影響がでるので早めに歯医者に行き治療をすることが大事です。
歯医者に行くと歯を失った人の治療方法としてインプラントや入れ歯を提案してきますが、それぞれにメリットデメリットがあるので、医師とよく話し合い自分にあった方法を選ぶといいでしょう。
その上でインプラント治療を受けるかどうかを決めましょう。

入れ歯のメリットとしては、保険適用なので費用が比較的に安く作れることです。
あまり費用をかけたくないという人にはおすすめの治療方法と言えるでしょう。
ブリッジのように残った歯を削ることがないので、残った歯をそのまま傷つけずに固定できるのもメリットと言えます。
歯の欠如が広範囲に適用できるので、抜けてしまった歯が多い人には有効の治療方法です。

バネに両側にある歯に引っ掛けるので、どうしても両側の歯に負担がかかることが入れ歯のデメリットと言えます。
噛む回数が増えると、それだけバネの振動が両側の歯に影響するので、両側の歯が次第に弱ってしまいます。
歯根を埋めているわけではないので、しっかり手入れをしていないと、がたついて噛み心地も悪くなるケースも多いです。
しっかりと入れ歯を装着しないと、その隙間に食べ物のカスが入りこみ噛むと、痛いという症状が起きやすくなるのもデメリットと言えるでしょう。

最近人気の入れ歯というと、ウェルデンツとバルプラストがあります。
ウェルデンツはピンクの部分がなく外せるブリッジという感じの入れ歯です。
ブリッジと違う点は隣の歯を削る必要がないことで、失った歯が一本か二本の場合にむいています。
バルプラストは金属のバネが無く薄くて柔らかいのが特徴ですが、他の歯を失った時も新規で作り直す必要がなく増歯ができるので便利です。

インプラントのメリットというとやはり見た目が綺麗なことでしょう。
自然の歯と比較してもわからないくらいなので、高齢者だけでなく若い人にもインプラントは人気です。
噛み心地も自然の歯と同じくらいの力で噛めるので、食事も毎回美味しく食べれるのもメリットと言えるでしょう。
入れ歯のようにがたついたり外れたりしないので、ストレスを感じずに生活できます。
メンテナンスさえしっかりおこなえば、半永久的に使い続けれるのもメリットと言えるでしょう。

デメリットはアゴの状態次第ではインプラント治療ができない場合もあることです。
インプラントにできるか医師と良く相談してみるといいでしょう。
インプラント治療実績が少ない医師が治療をすると、治療事故を起こしたり健康被害がでるので、インプラントの治療実績の多い医師を探してください。
メンテナンスを怠ると重い歯周病や感染症を引き起こす可能性もあるので、メンテナンスはしっかりおこなうことが大事です。
費用も保険適用外のことが多いので、インプラントの治療費が高額になるのもデメリットと言えるでしょう。

関連ページ